--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.13

痛くない粉瘤治療(5)てしま皮膚科・形成外科、2日目

Category: 粉瘤
初日に麻酔をかけて切開した粉瘤、切ったのは左肩だったので、背中をつけて寝るのがちょっと不安だったけど、特に痛くもなく起きるまで気にならなかった。

2日目も10時半くらいに到着。同じく4,5人待っていました。天候で左右されるだろうけど、だいたい平日はこれくらいの待ち人数みたい。

30分弱待つと診察室に呼ばれました。今日の担当はHPで見た院長先生。やさしいけどしっかり診てくれそうな印象です。

診察台にうつぶせになって、切開したところから内容物を周りを押して出していきます。過去の経験ではこれもとても痛かった!

全身に力を入れて待ち構えていましたが、あ、あれ!? あんまり痛くない!
もちろん切ってはいるので痛みはありますが、先生としゃべる余裕があるくらいの痛さです。これはすごい!

中に残っている袋もできるだけ取って、再発しにくいようにします。
そしてとても痛い消毒はしません。代わりに生理食塩水で傷口を洗います。これも水ではなくて食塩水だから全然痛くなく、ちょっと冷たく感じるくらい。

最後に傷口に0.5mm位の太さのドレンという細いホースのようなものを入れて、膿が出てくるようにしてパッドを貼って終わり。

処置が終わって先生にお風呂は入っていいかと聞くと、シャワーなら大丈夫とのこと。さらに驚くことにパッドをはがして洗ってくださいと。

パッドは自分で朝晩貼り替えるので、次にくるのは2日後。痛くないしシャワーも入れるとは、消毒する治療とは大ちがい。

粉瘤には創傷治療、超おすすめです。もっと広まってくれればいいのに!

同様の治療をしている医院は夏井先生のサイトに一覧になってます。
http://www.wound-treatment.jp/dr/atheroma.htm


トラックバックURL
http://youfc2.blog10.fc2.com/tb.php/51-fd53434d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。