--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
03.07

K-x アイカップ交換 ニコン DK-20

Category: K-x
cup_0.jpg

最近撮影にも慣れてきて、ファインダーを見たままダイヤルで露出を変えるようになってきた。

このときファインダー内の緑色の文字がアイカップMⅡをつけているとどうも見づらい。

そんなわけで、しばらく標準のアイカップFQに戻していたのだけれども、
やっぱりこれはこれでクッション性があんまりなくて使いにくい気がする。

ちょっと調べてみると、ペンタックスのMF一眼にはニコンのアイカップがつくことがあったらしい。
あんまり情報は得られなかったけど、試しにニコンのDK-20を買ってきてみた。
つかなくても200円以下だから、まああきらめもつきます。


cup_1.jpg
左がニコンDK-20で右がK-x標準。
DK-20の方が薄くて、眼鏡にあたる部分が広くなってます。
薄さはファインダー近くに寄れて、ゴムの広さは眼鏡を当てたときの力の分散に効果がありそうです。

そして実際につけてみたのが下の写真。

cup_2.jpg

なんと、ピッタリつきましたね。
簡単に外れないようにちょっときつくなってますが問題ありません。
ボディとの隙間がホコリがたまりそうでちょっと気になります。

使用感は予想通り。ファインダーに近くなった分見やすくなったのと、
眼鏡にあたる部分のゴムが広くなって当たりが柔らかくなりました。

今回アイカップをいろいろ見てみましたが、DK-20のような幅広のものはあまりないんですね。
K-x純正のような形の方が多いです。

眼鏡をかけたままファインダーを見るにはこのような幅広の方がよさそうに思います。
トラックバックURL
http://youfc2.blog10.fc2.com/tb.php/30-4ef8e0d9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。