--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
12.16

K-xにアイカップMⅡをつけてみる

Category: K-x
Cup0.jpg

普段メガネ越しにファインダーをのぞいている方は多いと思います。
標準のアイカップは硬くてメガネを押し当てると、鼻当てや耳がちょっと痛くなることがあります。

K-x用のアイカップを調べてみると、どうやらアイカップMⅡは付くようです。
カタログには付かないとなっていますが、ペンタックスのWebには付くと書いてあるので大丈夫。

Cup1.jpg

早速つけてみたところ、思ったとおり結構デカくて迫力があります。
液晶画面にも少しかかってしまいます。
でもフィルムカメラのように裏蓋を開けるわけではないのでそんなに問題ではありません。

本来は裸眼でのぞいたときに顔に密着して見やすくなるものですが、ラバーのカップが適度なクッションになってメガネを押し当てたときの具合は良くなりました。

カップの部分がフードの役割をしてくれて、明るい屋外でファインダー内の液晶表示が見やすくなります。
ただ見え方としてはメガネだとアイポイントがちょっと遠くなって若干四隅がけられます。

全般的には悪くないのでしばらくこれで使ってみようかと。
トラックバックURL
http://youfc2.blog10.fc2.com/tb.php/20-d8526f2b
トラックバック
コメント
K-x買ったばかりなのでこういう記事探していました。
たいした参考になりましたです^^。
ゴンタdot 2010.03.02 17:02 | 編集
ありがとうございます。
でも、じつはアイカップはずしちゃったんです。

最近、撮影に慣れてきてファインダー見たまま露出補正を変えています。
このとき下の緑色の文字がやっぱり見えにくいんですよね。

いまは液晶画面に鼻を押し当てて撮影してます。
yotidot 2010.03.03 15:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。